千葉の流山市なら家賃並で快適に築浅中古一戸建に暮らせる!

都心への通勤も楽々なのに賃貸の家賃並みで夢の車庫付き一戸建てが手に入る!共働きの子育て世代は必見の不動産情報!!
 

最近の記事

2017年04月03日

広いリビングには床暖房で冬でも快適に過ごせる!

さすが日本の家電メーカーって本当に凄いですよね。

エアコンなんて一昔前より性能が良くなっていますが、やはり、本当に性能がいいものってそれなりに高いんですよね。そして、今年から電気代も値上がりになるようなので節約になればと思ってお話しますね。

夏の暑い日にはエアコンを付けると思うんですが、温度を下げてガンガン冷房を効かせると電気代がヤバイですよね。冷気って高いところから低いところに落ちてきます。だから、エアコンの温度を下げるより部屋の空気をかくはんさせることで、かなり過ごしやすくなります。

リビングが広ければ広いほど必要になります。
DSC04533.jpg

冬はエアコンで暖房を付けると、暖気って下から上に上がってきます。したがって最近のちょっと高いエアコンであれば、人がいる場所を感知して送風してくれるんですが、一般的なエアコンだと立てば顔の部分は温かいけど、座ってると寒いって事が起こるんですよね。

だから、冬はエアコンで高い電気代を使うのであれば、ファンヒーターやコタツって下から暖かく暖を取るって必要になるんです。冷房と同じように空気をかくはんする事で部屋をすぐに暖かくするこが必要ですよね。

そんな時、部屋にサーキュレーターなど買っているといいです。
別に天井に設置するような大きなものは必要じゃないですが、最近では照明と一緒についているものもあるのですが、ドン・キホーテとかに行くと小さな扇風機のようなサーキュレーターが数千円で売っているんで買っておくと、冷房や暖房の費用が安く済みます。

ちなみに今回の流山市加1丁目の一戸建のリビングには床暖房が設置しているので冬は快適です。
しかも、床暖房って暖かくなるまでは時間がかかるのですがエアコンと併用することで本当に快適に暮らせます。家に帰って寒い時は、床暖房のスイッチとエアコンを付けると、床が温まる頃には、エアコンを切ってもいいぐらい快適な気温になっていると思います。

しかも、木造の場合は床暖房のすぐ上の部屋も意外と暖かくなるんですよ。
ここまでリビングが広いと、僕なら床暖房とファンヒーターがあればマジで快適に暮らせます。

問い合わせ

posted by 流山市2280万円 at 23:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

n36558db0f1de2149.gif
sutekan_2.jpg
最近の記事
プロフィール
会社名:株式会社 ミクニ 東京支店
部署:リノベーション事業部
担当:森本 哲郎
TEL:03-5401-0392
URL:http://www.mknw.co.jp
メール:t.morimoto@mknw.co.jp
一言:高価買取中!!買取物件大募集!!
rogo.png

株式会社 ミクニ

リノベーションランキング

リフォーム・建築ランキング
タグクラウド
カテゴリ